主流になっていく家族葬

主流になっていく家族葬

突然の不幸により家族とお別れするために行うお葬式ですが、昔ながら行ってきたような盛大なお葬式は減少しています。核家族化が進むことと、少子高齢化によりお葬式のスタイルも時代とともに変化しています。これまで主流と言われてきた、一般的な盛大なお葬式を行う家庭は減少していき、最近では新しいお葬式のスタイルが注目されています。それが家族葬です。

マンションや一戸建て住宅でも、親族が中心となって行うお葬式をするスペースが確保できない場合には、葬儀会社の会館などで行うことになります。この時に、お葬式のスタイルをこれまでとは異なる新しい形で執り行う家族が増えています。また、就活や婚活のように、最近では終活を行う人が増えていることで、自分自身のお葬式のスタイルを希望する方も多くいます。

家族葬は、どのようなお葬式なのか疑問に思われる方もいるでしょうが、実際にこちらのお葬式の定義は定まっていません。そのため、一般的には家族や親しい友人を中心として、少人数でのお葬式の名称として用いられるものです。これまで行われきたお葬式と同じように進められていきますが、弔問客や大人数でのお葬式を行わないのがこちらの新しいスタイルになります。少しずつこちらのスタイルが定着してはいますが、解釈する人によってはトラブルが起きやすくなっています。お葬式のスタイルは、少子高齢化の影響により規模が小型化していますが、家族葬にすることで誤解やトラブルを招くこともありますので、喪主を務める際には注意が必要です。周囲の人たちと角を立ててしまわないように、配慮しないといけません。

この家族葬ですが、これまでの一般的に行われきたお葬式とはどのような違いがあるのか、しっかりと把握する必要があります。また、家族葬にも種類があるので、どのようなお葬式にするかにより、このお葬式のスタイルが少しずつ異なってきます。最近では、独自のスタイルのお葬式を行うことも増えており、昔のスタイルから変化しています。家族葬で両親や家族を送るときには、どのような配慮をすれば良いのか、どのような注意をすれば円満なお葬式ができるのか理解しておかなければいけません。これからも主流となっていくであろう家族葬については、知っておかないと困ってしまうことも多々あります。慌ただしい中で執り行うお葬式ですが、事前にこの新しいスタイルの家族葬についてしっかりと理解して、円滑にお葬式を行っていきたいものです。

お知らせ